コンテンツ一覧

看護師

気をつけることとは

やむを得ず中絶をしなければならない時は事前に評判などを調べてからクリニックを選びましょう。東京はクリニックの数も多いですし選択肢の幅も広がります。保険がききませんので、治療費に関してはクリニックによりばらつきが生じます。

医師

知っておくべきこと

多くの手術可能なクリニックが東京にあります。どうしても中絶手術を行う場合は12週未満でパートナーと結論を出しましょう。それ以降ですと、母体への負担もかなり大きくなってしまい、死産扱いで届け出ることが必要になります。

手

手術の方法とは

理由があって中絶を行わなければならない時は評判の良い信頼できるクリニックを選んでください。東京には多くのクリニックがあります。中絶を行う場合は早い方が母体にかかる負担も最小限に抑えることができるのです。

医師

妊娠継続不可による手術

中絶手術を行うためには決められた病院で処置を行う必要があります。東京には母体保護法により中絶手術が行える病院が決められています。指定された病院で必ず処置を受けてください。費用は病院によって異なります。

聴診器

病院探しをしよう

もしも中絶を考えているなら、まずは東京で産婦人科探しをすることから始まるでしょう。中絶にかかる費用はおおよそ15万円〜30万円ほどで、生理が最後に来た日や、妊娠してからの経過などを頭の中でまとめておくと診察の時にスムーズです。

手術の決まりごと

医師

手術の流れや手順

中絶を行うときにはいくつかの決まりごとがあります。どの段階でも中絶することができるというわけではありません。22週以降になると中絶手術が行えなくなりますので、妊娠を断念すると決めたら早めの段階に処置を行ってください。東京で中絶手術を行うときには母体保護法に基づき決められた病院でなければ手術を受けることができません。ですので、東京の病院を探す時は中絶手術が可能な病院なのかをまず調べてみてください。東京にはたくさんの病院がありますから、評判や料金などによって手術を受ける病院を決めても良いかもしれません。当然のことなのですが妊娠継続の週数が進むにつれて胎児も大きくなります。それだけ体にかかる負担も大きくなると考えておいてください。東京でも病院によって中絶手術にかかる費用が異なるのですが、初期の段階で5万円から15万円程度かかるところが一般的です。22週に近くなればなるほど、出産に近い手順で中絶の手術を行うようになりますので、費用も上がります。金銭的な問題で妊娠を継続させることができない場合もあるかもしれませんが、その際には中絶にかかる費用を支払うのも厳しい事があるでしょう。支払いが厳しい場合は病院に相談するか、お住まいの自治体に相談してみてください。何事も計画的に行うことです。今妊娠しても育てることができないと分かりきっている場合は妊娠しないように対策をとることも必要ですし、大人として当たり前のことでもあります。

Copyright© 2018 やむを得ない事情で中絶治療を受けるなら|施術の流れを確認しよう All Rights Reserved.